BMW車検センター

BMW車検をメインにAudi VW等欧州車の修理をご提供

BMW E46後期 ASCユニット交換 コストを下げるための究極の選択

3075 views

BMW E46後期

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E46 ASCユニット交換

こんにちは、Jスクエア永井です。
10月に入りそろそろ涼しくなってきたかなあと思っていた矢先
30度を超える夏日になりました。今日も汗だくで作業しております。

ASC(ABS)ユニットの修理のご紹介

本日のご紹介する作業は、BMW E46後期のABSユニット交換作業です。

車検センターと共に、弊社はABS修理の修理工場でもあります。
ABSユニットのオーバーホール対応ができるため、新品交換に比べ、コストを抑えることができます!

(弊社のABS修理専用サイトはこちら → ABS修理のJスクエア

最近はE46の修理も少なくなり、 E90に比べると10/1程度になってきました。
しかし、大事なお車。「まだまだ乗りたい!」というお客様も多くいらっしゃいます。Jスクエアがサポートいたしますのでお任せください!

▼ 点灯していたランプはこちらです。

  • ABS
  • ASC
  • サイドブレーキランプ
店長 永井
メーター周りに警告ランプが点灯しているため、運転しているとかなり気になると思います。安全装置が働いていない状態ですし、ランプが点灯していると車検に通りません。早めの修理をおすすめいたします!

交換するASCユニットがこちらです。
エンジンルームの運転席前あたり、ブレーキリザーバータンク脇についています。

診断〜修理〜コーディング

▼ 入力されていた故障コードはこちらです。
ABS故障コード

5DF5 ASCユニット内部故障

それでは、ASCユニットを交換していきます。
13mmのボルト2本で本体が止まっているので外すと、上に持ち上がります。

店長 永井
BMW E46後期のASCリペアキット交換作業ですが、右ハンドルの場合はブレーキパイプを外さずに交換作業ができるため、脱着、コーディング含めて1時間30分ほどで完了します!!

ASCユニットリペアキットです。
(新品の部品は車両情報をコーディングしてあげないと正常に動かないので注意です!!)

ASCユニットが取り付けられていボルトです。

店長 永井
シルバーでネジ皿面が平らなものが新しいボルトです。
このボルトを覚えておくと、E46中古車を購入するとき、ASCユニットが交換されているかが判断でき、ASCユニットを交換済みの中古車をゲットできる目安になるかもしれません……!

新品のASCユニットを取り付けたところです。ABSランプが消えて、ASCランプ、三角ビックリマークだけが点灯します。
続いてコーディングの作業に進みます。

今回は汎用機マキシシスでコーディングを実施します。

コーディングの項目を選びます。

コーディングするコントロールユニットを選択。

DSCユニットコーディングを選択。

コーディング成功しました。

こちらはBMW純正きISTAでのコーディング作業が完了したことを表示している画面です。
純正だけあって、コーディングのレポートが詳しく表示されるので大変便利です。
コーディングされてない箇所、コーディング後に設定するセンサーなどの情報も教えてくれます。


▲こちらはBMW AUDI VWのコーディングをするスペース。ここだけで様々な作業ができます!

店長 永井
お客様がディーラーさんでお見積もりをしたところ、ASCユニットASSYで交換が必要、費用も高くなりそうとのことで、急遽弊社での作業となりました。少しでもコストを下げることができ、お客様も喜んでくださり嬉しく思います。BMW E46は約20年近く経つ車もあるので、できるだけ早く、安く作業をしてほしいとのご希望が多いです。弊社もできるだけお客さまのカーライフに沿ってご提案していきたいと思っておりますので、お気軽にお問合せください!。

(弊社のABS修理専用サイトはこちら → ABS修理のJスクエア


車検のご相談は、お気軽にお問い合わせください。
電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ
受付時間:10:00~19:00
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント