BMW車検センター

BMW車検をメインにAudi VW等欧州車の修理をご提供!!


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jsquare/bmw-jsquare.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jsquare/bmw-jsquare.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

BMW E46 ASCリペアキット交換 お盆休み前で急遽お電話いただきました。

約 1 分

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jsquare/bmw-jsquare.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jsquare/bmw-jsquare.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E46 ASCユニット交換で急遽ご来店していただきました。
ASCリペアキットの交換は、コーディングも含め約1時間ほどで完了します。
弊社お盆休み前、1時間前に来ていただきました。
『ギリギリセーフ』

ASCリペアキットの不具合で入力されているコードがこちらです。
5DF5 ABS-DSCコントロールユニット内部故障

点灯していた故障ランプです。
ABS
ASC
サイドブレーキ警告

早速ASCユニットを交換していきます。
ASCユニットの場所はエンジンルームの運転席まえあたりについています。

ASCユニットを外す前にカバーが邪魔なので外します。

こちらのリベットで止まっているので外します。

こちらのカバーを外します。
枯れ草などゴミが溜まっている場所なので、掃除してあげます。

カバーを外すと13mmボルトが見えて来ます。

2本で止まっているので、外します。

右ハンドルの場合はブレーキラインを外さないでもこのように持ち上げればASCリペアキットの交換が可能です。

とるくす2本で止まっているので外します。

外れました。長いのと短いので止まっています。

ボルト2本外せばASCリペアキットが外せます。
新品を装着するときは電極の部分が曲がりやすいので注意してください。

外した後がソレノイドが見えます

ASCユニットはBMW純正部品しか設定がありません。

新品のボルトはシルバーの色です。

中古車を購入するときのASCユニット交換履歴がボルトで判断できる
ボルトの色がシルバーの色はASCユニットを交換しているので、壊れるリスクが低いです。
E46の中古車を購入するときの1つの目安にしてみるとランニングコストを抑えることができるかもしれません。

新品のASCユニットを取り付けたら、BMW診断機でコーディング作業をします。
電圧が13V以上必要なので、定電圧機も純正を使用します。

定電圧機のプラスとマイナスを取り付ける場所です。
バッテリーが上がった時もここに繋げるので参考にしてください。

新しいコーディングセッションを作成します。

DSCユニットをコーディングしたいので選択します。

こちらがツリーになります。
コーディングが完了するとチェックが入ります。

途中、キーを抜いたり入れたりの指示があります。


特に問題がなければ40分ほどで終了します。

リポートを確認して、コーディングエラーがないか点検していきます。
問題がなければ終了です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)