BMW車検センター

BMW車検をメインにAudi VW等欧州車の修理をご提供

BMW E36 車検 シリンダーヘッドカバーシール交換 『すごっいです』偉そうですがここまで綺麗だとユーサー様を褒めてあげたい!

442 views
BMW E36 車検 シリンダーヘッドカバーシール交換 『すごっいです』偉そうですがここまで綺麗だとユーサー様を褒めてあげたい!
記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています


『すごっいです』偉そうですがここまで綺麗だとユーサー様を褒めてあげたい!

BMW E36 車検

BMW E36 車検整備の入庫です。
ABSランプ点灯しており、ABSユニットは修理完了しました。
続いて車検整備に入ります。

シリンダーヘッドカバー

まずはこちらのカバーを外します。

シリンダーヘッドカバー

イグニッションコイルを外します。

イグニッションコイル

イグニッションコイルのカプラーがOBD20ピンのカプラーの横にあるので外します。

イグニッションコイル

エア抜きホースを外す

エア抜き接続部のクリップを外します。

シリンダーヘッドカバー

シリンダーヘッドカバーのボルト15個を外し、シリンダーヘッドカバーを外します。

シリンダーヘッドカバー

カバーは固着して硬い時があるのですが、ゴムはんまで軽く振動を与えながらじっくり外してください。

店長 永井
ヘッドカバーパッキンを初めて交換する車両はパッキンが密着してなかなか外れませんが、抉り棒などでこじるのは、ヘッドカバーの破損につながる可能性があるのでやめた方が良いです。
ゴムハンマなどで少しずつ振動を与えてあげれば外れます !! 諦めないで、頑張って!! ^^

カバーが外れたところです。

メンテナンスバッチリの良いコンディションのエンジンです!!

ヘッドカバーに汚れスラッジなどがあまりなく、カムシャフトなどにも汚れがないのでこまめにオイル交換をしていてコンディションが良いエンジンです。
お客様も大事に乗られていたようなので、メンテナンスをバッチリしていた模様です。
ここまで綺麗いだと、気持ちよく回るエンジンだと思います。

シール

新しいタペットカバーパッキンを取り付けて、ボルトについているパッキンも交換します。

液体ガスケット
液体ガスケット
液体ガスケット

前側2箇所、後ろ側4箇所にエンジン用の液体ガスケットを薄く塗ります。

ヘッドカバーガスケット

ヘッドカバーガスケットを外します。
硬い場合は、先端が丸くなっているガスケットリムバーを使います。

ヘッドカバーガスケット

ガスケットリムバー
先端が丸くなっておりガスケットを外す際に傷つけないようにするSSTです。

ヘッドカバーガスケット

一部外れればあとは手で引き抜きます。

ヘッドカバーパッキン

新品のヘッドカバーパッキンを取り付けます。

トルクレンチで締め付けます。

タペットカバーの締め付けトルクは約10N

店長 永井
今回のお車、年式の割にはエンジンが内部が綺麗で、メンテナンスをキッチリされていた車両でした。
ユーザー様も『エンジンはよく回るので楽しい』をおっしゃっていたので、改めてオイル交換の重要性を感じました。
弊社のデモカーでZ4Mクーペの10万キロの車両があるのですが、オイル交換の頻度が多いためにこちらもエンジンは絶好調です!!

今回BMW E36のこのお車は、車検、ABS、オールペンを実施する予定で全てが正常、綺麗な状態に戻ります。
今後は更にこまめなエンジンオイルの交換をされると思います。


車検のご相談は、お気軽にお問い合わせください。
電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ
受付時間:10:00~19:00
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント