BMW車検センター

BMW車検をメインにAudi VW等欧州車の修理をご提供

BMW 130車検整備 よくあるオイル漏れとは? 20019-6-1

267 views
記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW タペットカバーPK
今回はBMW 130 車検のご紹介です。

車検整備で車検に受からない項目でエンジンオイル漏れ、にじみがあります。
今回は一番多い、タペットカバーPKの交換作業の紹介です。

タペットカバーPK

赤く見えているのがタペットカバーPKです。
タペットカバーPKはゴムでできているもの、一部金属でできているものなどいろいろありますが、長年の経年劣化で隙間からエンジンオイルが漏れてしまいます。

BMW タペットカバーPK 交換

新しいタペットカバーPKを取り付けて、カバーをつけて終了です。

店長 永井
BMWでよくあるオイル漏れの箇所は、
・タペットカバーPK
・オイルフィルターハウジングシール
・オイルパン
この3点が年式、メンテナンス状況によって漏れる、滲んでいるケースがよくあります。
ゴムでできているシールの場合は、長年のエンジンの熱によってゴムが硬くなり伸縮してしまい隙間からオイルがにじむケース、オイル交換をあまりしていなくてオイルの状態が良くなくにじむケースなどがあります。
オイルメンテナンスは、走行距離関係なく最低1年、距離では1万キロに交換することをお勧めしております。
オイル交換をあまりしていないお車は、調子が良くなく燃費や、走行性能にも影響してくるので定期的なオイル交換はトータルで見ると整備金額を抑えてくれる役割も担ってます。

車検のご相談は、お気軽にお問い合わせください。
電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ
受付時間:10:00~19:00
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント