BMW車検センター

BMW車検をメインにAudi VW等欧州車の修理をご提供

永く乗るために駆動系をリフレッシュ|BMW M3 E92

111 views

E92 BMW M3クーペ

E92 BMW M3クーペ

フロント広田
こんにちは。Jスクエア フロントの広田です。

いつも点検や車検などメンテナンスをお任せいただいている、都内在住のZ様のE92型BMW M3クーペ

M3としては4代目で歴代のM3の中でも唯一のV型8気筒エンジンを搭載したモデルです。
今回の12か月点検では、まだまだ永く乗り続けたいとのご希望で、気になっていた部分のリフレッシュをすることになりました。

プロペラシャフトからの異音 部品を本国取り寄せ

E92 BMW M3
E92 BMW M3

今回一番の大物はプロペラシャフトの交換。
発進時、および減速時に下まわりから「カキンカキン!」と金属音がするとのことで確認してみますと、後輪へ駆動力を伝えるプロペラシャフトのジョイント部が摩耗して金属粉も出ていました。

プロペラシャフトは頻繁に交換する部品ではないため残念ながら国内在庫なし。
本国からの取り寄せで3週間ほど掛かりましたが、新品に交換させていただきました。

プロペラシャフトも箇所により個々の部品共有があるのですが、ジョイント部分については単品部品がなく、ASSY交換(高い部品)となりました。

マグネシウム製ヘッドカバーからのオイル漏れ

その他にはエンジンからのオイル漏れもありました。
これはエンジンのヘッドカバーからの漏れでした。

E92 M3のV8エンジンのヘッドカバーには一般的なモデルと異なり軽量で高価なマグネシウム合金が使用されています。
レーシングカーでは多用されているマグネシウムですが空気や水と触れている部分に腐食や痩せが進行しやすい素材です。

こちらのM3のヘッドカバーもゴムシールの劣化だけではなくマグネシウムの腐食なども確認できました。
しかし新品に交換となると、さすがレアメタル。
部品が非常に高価でかつV型エンジンということで、掛かるコストも2倍!

腐食、変形の可能性があるので交換がおすすめではありましたが、今回はすでにプロペラシャフトでかなり予算を使っていることもありシール交換をすることになりました。

結果とし全体的なオイル漏れはなくなったものの、一部箇所からのオイルにじみが認められました。
オイル滲みがある部分には液状のシール剤を塗布して対応。

これからの点検時などに経過観察をしつつ、交換は今後の課題ということになりました。

事前にこういった可能性をご案内していたため

Z様
やはりそうでしたか……!

と想定されていたようでした。
しばらく様子を見ながら、交換は次回検討という流れになりました。

フロント広田
Z様、この度は12か月点検のご用命、ありがとうございました。
愛車にこれからも乗り続けたいというお客様の熱意にJスクエアはお応えさせていただきます!

車検のご相談は、お気軽にお問い合わせください。
電話でお問合せ 
メールでお問合せ
受付時間:10:00~18:00
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Facebookコメント